トップページ  >  事業内容  >  産業用機能フィルター・コンベア事業  >  関西金網(株)

産業用機能フィルター・コンベア事業

産業用機能フィルター・コンベア事業は、日本フイルコン(株)の製紙・機能ファブリックカンパニーおよび日本フイルコン(株)の子会社である関西金網(株)が主な事業体です。

関西金網(株)

詳細はこちら

関西金網(株)は1935年の創業以来、あらゆる工場で使われる工業用金網の専門メーカーとして、常に「新しいもの」に挑戦して、国内3工場を中心に、お客様のニーズに応える製品を生産してまいりました。
さまざまな「もの」がつくられるプロセスで、「ふるい分け」「ろ過」そして「搬送」にお使いいただいています。決して目立った存在ではありませんが、時代のニーズにきめこまかく応え、最先端のテクノロジーをも支えるあらゆる分野の「ものづくり」に貢献していることが私たちの誇りです。
1938年にステンレス線で金網を試作して以来、他社に先駆けて硬鋼線の振動ふるい用スクリーンの製造、ワイヤコンベヤーベルトの国産化、防振用ステンレスマウントの開発、磁性ステンレス金網の開発等、当社独自の製造技術を駆使した製品を生み出し「時代を先取りする」トップクラスのメーカーとして歩んできました。
これからも関西金網(株)は、さらに広がる無限の可能性を求めて、お客様に喜んで頂ける製品づくりにチャレンジしていきます。


円形ふるい機


コンベアーベルト

 

関西金網(株)の海外事業

世界規模に広がるマーケットに対応するため、1986年アメリカ(ヒューストン)に販売拠点を設置したのを皮切りに、タイ、シンガポール、中国、オーストラリアに進出、アジア・オセアニアを中心とした海外事業を展開しております。
米国とシンガポールは販売会社、タイと中国には工場があります。タイは工業用織金網とコンベアーベルト、中国はコンベヤーベルトが主力生産品目で、東南アジアと中国市場への供給拠点としています。
また、建物をシロアリから守るターミメッシュシステムの施工販売をオーストラリアの子会社を拠点として展開しています。


Siam Wire Netting Co.,Ltd.(第2工場)

KANSAI WIRE NETTING TECHNOLOGY (KUNSHAN) CO., LTD.

ページトップへ