トップページ  >  企業情報  >  経営重点課題

経営重点課題

2017~2019年度 中期経営重点課題

2017~2019年度 中期経営重点課題

①事業の自立と発展を実現する事業を取り巻く環境が厳しい中でも、常に事業の継続的発展のための方針を自ら立て、意思決定し、実行し、業績の最大化を図ってまいります。

②顧客満足を追求する常に「熱意」「創意」「誠意」をもって顧客満足を追求してまいります。

③経営資源の適正な配置と効率的な運用を追求するそれぞれの事業が有する経営資源を再度見直し、価値の最大化を図ってまいります。また、支出の大きい固定資産の投資にあたっては、今まで以上に回収可能性や付加価値を追求してまいります。

④グループシナジー効果の最大化を追求する当社グループが保有する市場情報、顧客情報、技術、人材等を共有し、協働することで各事業のビジネスチャンスの拡大を図るとともに、新規事業参入のスピードアップを図ってまいります。

⑤新規製品の開発・新規事業の創出を目指す当社グループが今後さらなる発展を遂げるために、グループシナジー効果を最大限発揮させつつ新規製品や新規事業の創出を目指してまいります。

⑥個人の自律意識を高め推進する組織および個人が自らの使命・役割を認識し、今何をすべきか、将来に向かって何をすべきかを自ら考え、行動することでその責任を果たしてまいります。

カンパニービジョン

  • 製紙・機能ファブリックカンパニー

    高付加価値・差別化製品を市場に提供し、当社グループ各社とシナジー効果を高め市場を開拓してまいります。また、新規製品の開発や新規事業の創出に加え、高品質・低原価を目指し、改善を継続してまいります。

  • 関西金網株式会社

    ライフサイクルコストを考えた製品・サービスを提供してまいります。また、関西金網グループ全体でより迅速、正確、誠実な顧客対応を行ってまいります。

  • ファインエレクトロニクスカンパニー

    高品質を維持しながら、価格競争力と付加価値を生む技術力をつけ、市場競争力をさらに高めてまいります。また、新規事業の発展と従来事業の改善を目指し、着実に前進してまいります。

  • 株式会社アクアプロダクト

    プール・ろ過装置の技術力向上と営業力強化を通じて、アクア事業をより強靭なものにしてまいります。また、多材質プール・ろ過装置の総合メーカーとして、より高度で包括的な解決策・提案を顧客に提供してまいります。

ページトップへ