日本フイルコンのサステナビリティ

Sustainability

事業を通じたサステナビリティへの貢献

- 持続的な成長と中長期的な企業価値向上に向けたグループ長期ビジョン -
100年超え企業として、
次の100年も社会が必要とする
製品・サービスを生み出し続ける企業集団
日本フイルコングループの事業を通じた社会への貢献

地球温暖化への取り組み

  • つくる責任 つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を

駆動負荷低減網は、抄紙工程での電力消費の多い製紙会社において、抄紙機の駆動負荷低減に寄与する特性を持った網です。この網の開発により、製紙会社においては10%から20%の駆動負荷低減に寄与しており、省エネと地球温暖化対策に繋がる取り組みとなっております。

環境汚染への取り組み

  • 安全な水とトイレを世界中に
  • つくる責任 つかう責任

アドセップ製品は、資源循環社会の実現に向けて、『吸着と分離の融合』をキーワードに機能性材料の開発を推進しております。そのひとつであるキレート樹脂は、金属の除去・回収・分離技術です。
キレート樹脂を加工した樹脂焼結フィルター(META-CAT®)は、低濃度の金属でも逃さず吸着できるため、工場排水の水処理において活用でき、環境汚染対策に寄与しております。

高齢化への取り組み

  • すべての人に健康と福祉を
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • 住み続けられるまちづくりを

(株)アクアプロダクトが展開するプール事業は、すべての人の健康で安全かつ安心な社会の創造・維持に貢献するとともに、今後ますます進展する少子高齢化社会に向けて、人々の健康増進や癒しに役立つ多機能プールの開発にも積極的に取り組んでおります。

ステンレス塗装プール
リハビリプール

シックハウスによる健康被害への取り組み

  • すべての人に健康と福祉を
  • 住み続けられるまちづくりを

オーストラリアのTMA CORPORATION PTY LTDで取り扱っているターミメッシュシステムは、シロアリが通り抜ける事が出来ない網目を有する、高品質のステンレスメッシュを家屋の侵入ポイントに隙間なく取付ける事で、長期に渡って家屋をシロアリの侵入から守ります。
ターミメッシュシステムでは有害な薬剤を使わないので、薬剤が揮発して健康に被害を与える心配がなく、一旦取り付けると薬剤のような再処理の必要がありません。

ターミメッシュとシロアリ

激甚化する災害への取り組み①

  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 気候変動に具体的な対策を

HydroX®は、再生可能エネルギーから水素をつくり、電力を水素の形で貯めることが可能なシステムです。外部からの化石燃料を必要とせず自立稼動できるため、災害時の電力供給や、ろ過装置を併設することによる飲料水供給システムとして活用することも可能です。

激甚化する災害への取り組み②

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 海の豊かさを守ろう

(株)アクアプロダクトのGコンは、鉄鉱石や電気炉酸化スラグを重量骨材として使用した高比重コンクリートです。
Gコンは、近年一段と強大化する台風に対して、港の施設や船を守る防波堤築造に30年以上に渡り貢献しています。
さらに、地震による液状化対策工事や放射線防護用遮蔽壁としての採用も広がっています。

防波堤
消波ブロック
消波ブロック

ジェンダー不平等への取り組み

  • ジェンダー平等を実現しよう

当社従業員が仕事と子育てを両立し、従業員全員が働きやすい環境を作ることで、全従業員が持っている能力を十二分に発揮できるようにするため、また、女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、以下の取組みを行っております。

1. 次世代育成支援

次世代育成支援として、以下の①から③に取り組んでおります。

  • 1より一層の長時間労働抑制への取組み

    2021年度から1日の所定労働時間を短縮し、年の総所定労働時間数を1,900時間未満としました。

  • 2男性の育児休業制度活用への働きかけ

    子の看護休暇は有給休暇となっており、2021年度はその適用範囲に予防接種時を含めるなど、育児・介護休業法を上回る制度としております。2020年度は、育児休業の取得を希望したすべての従業員が育児休業を取得しております。

  • 3介護を行う従業員の実態にあわせた制度改定の実施

    2021年度に、「介護制度の手引き」を作成し、当社の仕事と介護の両立支援制度を社内周知いたしました。従業員がいつでも閲覧できるよう、社内の電子掲示板に掲載しております。今後、制度利用者からのヒアリング等を踏まえ、より実態に即した取得しやすい制度へと改善を図ってまいります。

2. 女性活躍推進

2024年11月末の女性管理職比率5%を目標とし、直近(2022年3月1日現在)の状況は、6.3%となりました。目標達成に向け、今後も以下①から③の取組みを継続してまいります。

  • 1管理職育成支援研修の継続実施

    従業員個々人および組織の能力向上を図り、生産性の向上を目指すキャリア別研修を実施しております。その他、自己啓発研修を実施しております。

  • 2女性従業員の配置が少なかった部署への女性の積極的な配置

    従来、女性総合職の配置が少なかった部署に女性を配置するにあたっての課題点を分析し、女性が働く上での障害を取り除く取組みを行い、女性総合職を配置しております。

  • 3高い女性採用比率の維持

    2021年4月の採用実績(総合職) 男性:1名、女性:2名
    2022年4月の採用内定者(総合職) 男性:2名、女性:2名 (2021年10月1日時点)

ガバナンスの取り組み

  • 平和と公正をすべての人に

当社は、上場企業としてステークホルダーからの信頼と期待に応え、経営の透明性と健全性を確保するとともに、持続的な成長を図り雇用を創出していくことが、企業の存在意義であり社会的責任であると認識しております。
また、中長期的な企業価値の向上を図るため、保有する経営資源を有効に活用し、環境の変化に迅速に対応できる効率的な経営体制を構築し強化することが経営上の最重要課題の一つであると認識し、実効性のある諸施策に積極的に取り組んでおります。